初級暗号通貨技能検定を終えて

昨日は東京での初級暗号通貨技能検定でした。平日開催は初めてでしたが、20代から70代まで、職業も様々な方12名が受講されました。

最近、受講生の方で増えてきたなと感じるのが、金融機関関連のお仕事の方です、昨日も、信用金庫勤務エンジニアのお二人は、上司の勧めで参加することになったとの事、保険会社勤務の方、ファイナンシャルプランナーの方、税理士の方、そういった職業の方の受講が増えているようです。

最初は皆さん、緊張した面持ちでしたが講座が進むにつれて笑みも出始め、中盤に差し掛かるころには、声を出して笑われる方も出てきて、終始、笑顔溢れる充実した講座が開催できました。

講座後、検定試験を行うのですが、試験終了後は皆さん一人一人が答案用紙と感想文を提出されます。その際に皆さんが自然と講座の感想をお話しされるのですが、昨日も「モヤモヤしていた考えがスッキリしました」「点と点がハッキリと線で繋がりました」「ブロックチェーンのシステムの凄さを理解しました」「投資メインで考えていましたが、仮想通貨の本質がそこではないことが分かりました」等々、本当に嬉しい感想を頂けます。

その様な中、70代の男性の方は個人事業をされており「講座の最後に何かしら販売の案内などがあるのかと、少なからず思っていたのですが、そんなことは一切なく、お恥ずかしい限りです」っとお話しされていました。前回の名古屋でも、その前の大阪でも、その様な思いを感じながら参加されている方が必ず一人はおられるようですが、毎回、70代の男性と同じような感想をお話しされます。

良い意味で、期待を裏切っているようですね(^^)

今後も、初級講座を通して、仮想通貨の本質、ブロックチェーンの感動、仮想通貨が創造する未来、等々、講座中に見る見る表情が変化し、明るさと驚きを作り出す『暗検』を開催してまいります。

次回は、8月20日の博多開催です。そして東京、大阪、沖縄、と続きます。

それでは、毎月全国各地で開催する暗号通貨技能検定で、皆様とお会いできること、楽しみにしています。

Scroll to Top